岡山理科大学教員免許状更新講習の概要(ご案内)
 
 必修領域―教育の最新事情
 
区 分 必修領域
名 称 教育の最新事情
講習タイトル 教職についての省察
概 要  教員としての教育観や子ども観等に関する省察に資するため、次の点を検討する。
  • 近代から近年にかけての日本国内外の学校教育をめぐる主な状況変化について概観する。
  • 上記の変化に伴って近年の学校教育が直面している新たな課題と役割を考察する。
  • 上記の概観及び考察にあたっては、教育理念に関する各種諮問機関の審議、教育政策及び教員養成政策の指針、学校教育に関する主な統計、近現代日本教育史の最近の研究成果等を手がかりとする。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 教職・学芸員センター 皿田琢司
専門分野 近代日本教育史・内外教育交渉史
もどる 選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業屋久島
 
区 分 必修領域
名 称 教育の最新事情
講習タイトル 児童生徒の理解と発達に関する課題
概 要  生徒の発達に関する課題と児童生徒を理解する行動アセスメントについて、発達障がいを持つ児童生徒の理解と支援、カウンセリングマインドを持った児童生徒理解の仕方と実際の面接技法について、演習も含めて解説する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 基礎理学科 中島弘徳
専門分野 教育臨床心理学
もどる 選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業屋久島
 
 選択必修領域―学習指導における今日的課題
 
区 分 選択必修領域
名 称 学習指導における今日的課題
講習タイトル “気になる保護者”とのコミュニケーション―心理・社会学的理解をベースに―
概 要  2000年代半ば以降の十数年来、学校・教員と保護者との関係性の中で、“モンスター”に象徴される困難な事例を散見するようになった。それと同時に、そうした事例への対処法に関する理解も進みつつある。
 本講習では、そのような保護者が典型的に抱える心理・社会的ヒストリーに着目し、“対決”ではない、より円滑な対応のあり方を考える。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 教育学部 初等教育学科 松岡 律
専門分野 教育社会学
もどるページ先頭必修領域 ▼選択領域(理科数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択必修領域
名 称 学習指導要領の動向等及び様々な問題に対する組織的対応の必要性
講習タイトル 意欲を喚起する学習指導
概 要  学力の国際比較調査の結果、日本の児童・生徒は諸外国の児童・生徒に比較して、学習意欲が極めて低いことが明らかになった。そこで本講習では、教育心理学の最新の理論に基づいてその原因を明らかにし、児童・生徒の学習意欲を高める学習指導の方法について、学習指導要領の改訂の動向等も踏まえながら概説する。
  1. 学習意欲の仕組み(マズロー欲求階層説、外発的動機づけと内発的動機づけ)
  2. 学習意欲を高める授業づくり(学習意欲の方程式:意欲=希望/脅威、希望=目標×自己効力)
  3. 学習意欲を高める3つのポイント(暗黙の知能観、学習目標、自己有能感)
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 教育学部 森 敏昭
専門分野 教育心理学
もどるページ先頭必修領域 ▼選択領域(理科数学技術・工業屋久島
 
 教師のための理科教育―最新事情
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 放射線による被曝線量の計算と人体への影響
概 要  放射能と放射線についての基礎的な事柄から始めて、その性質や身の回りの放射能、放射線について講義する。次に、放射線による被曝とは何か、その人体への影響について解説し、現在の被曝線量に関する法律が何を基準として決められているかについて説明する。そして、人体への被曝線量の計測方法について最新の知見を講義し、実際に砂糖を用いて被曝線量を求める実習を電子スピン共鳴計測によって行う。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 応用物理学科 豊田 新
専門分野 放射線線量計測
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 昆虫の採集と生態調査
概 要  私達の回りにはたくさんの昆虫がいます。しかし、最近は野山で昆虫採集をする子供が減っています。地球上で最も多様な生物である昆虫は、わずかな資源を利用し、生息環境の変化に反応しながら生活しています。昆虫を採集、観察することで、その生態や、人間活動を原因とした環境の変化が生物に与える影響などを理解することもできます。
 講習の前半では、昆虫採集を中心とした簡単な研究から見えてくる、昆虫の世界についてお話しします。後半では採集した昆虫を学習に生かすための標本作成方法について説明します。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科 中村圭司
専門分野 動物学・昆虫学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 遺伝子診断―あなたはお酒を飲んでも大丈夫ですか?
概 要  日本人の45%程度が、お酒をまったく飲めないか、弱い体質です。これは、アルコール代謝系のアルデヒド脱水素酵素の遺伝子が突然変異により機能を失い、アルデヒドが分解されずに蓄積するためです。
 近年、遺伝子解析技術の発展により様々な遺伝子の変異を診断することができるようになりました。
 この講習では、突然変異とは何かを学び、実際にアルデヒド脱水素酵素遺伝子の変異の有無を検出してみましょう。簡単な実験を実施しますので、実験着を持参されるとよいでしょう。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 滝澤 昇
専門分野 生化学、微生物工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 天文学と情報―最新天文学の紹介
概 要  惑星および太陽系、太陽の周りの星々、銀河が集まって作る宇宙の最大の構造までの「現代の宇宙像」を概観できるソフトウェアMitakaをわかりやすく紹介する。このソフトウェアの使い方に関する実習を、中学、および、高校の教育の現場で教育用ツールとして活用できるよう、コンピュータを用いて行う。
 講習では、コンピュータやデジタルカメラに利用されているCCDなど情報機器の発展の上で成り立つ現代の天文学の紹介、および、最新の天文学の情報や動向も紹介する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科 福田尚也
専門分野 天文学・宇宙物理学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 生物の多様性と保全
概 要  教員が生物多様性と保全について、児童生徒に(生物学的に)正しい考え方を指導するための基礎知識を、実際に身の周りで生じている事例やこれから起こりそうな問題を例として取り上げながら紹介する。
 例えば「ツキノワグマは人にとって危険な動物なので、積極的に駆除して絶滅させるべきだ」といった考えに対して、生物学の視点からどう説明・指導すればよいのかを、受講生同士のグループディスカッションによる検討を交えながら考える。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 動物学科 中本 敦
専門分野 保全生態学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(理科)
名 称 教師のための理科教育―最新事情
講習タイトル 理科におけるESDの充実
概 要  講習の前半では,次期学習指導要領などに基づきながら,今後の理科教育を進める上での要点を解説する。
 後半では,持続可能な開発のための教育(ESD)を推進するための枠組みや,その枠組みに基づいた理科指導の実践例を紹介するとともに,ESDの視点に立った教材解釈について演習を行う。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 教職・学芸員センター 岡本弥彦
専門分野 理科教育学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域 ▼選択領域(数学技術・工業屋久島
 
 教師のための数学
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル 円周率の近似値〜その歴史とアプローチ〜
概 要  円周率の近似値を、人類は紀元前2000年以上前から現在まで様々な方法で求め続けてきた。その方法は大雑把に、次の3つに分類される。すなわち、多角形を利用する古典的方法、無限級数を利用する解析的手法、ガウス・ルジャンドルの公式の利用する現代的手法である。
 この講習では、その歴史と手法を紹介したい。また、そのうちのいくつかについては、その証明について解説したい。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 応用数学科 田中 敏
専門分野 解析学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル 簡単な法則で成り立つ数学
概 要  ガリレオは「自然の法則は、数学の言葉で書かれている」と言った。自然と数学は密接な関係にあり、簡単な法則の集まりで成り立っている。自然との関わり合いが分かりやすい、フィボナッチ数列や黄金比など、さらに、セルオートマトンで表現される世界について講義する。講義の中で数学が好きになるような話題を提供したい。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 総合情報学部 情報科学科 河野敏行
専門分野 数値解析
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル PISAの“街灯”問題について
概 要  以前PISA(国際学習到達度調査プログラム)で代表的な数学の問題例として挙げられた「小さな三角形の形をした公園に一本の街灯を設置することにしました。どこに設置すればよいでしょうか」という問題について検討します。
 基本的には「一番暗くなる場所ができるだけ明るくなるように」設置することを目指します。内部のどこに設置してもよいとするとどうなるか、邪魔にならないよう境界に設置するとしたらどうなるか、……色々楽しんでみたいと思います。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 基礎理学科 山崎正之
専門分野 位相幾何学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル 計算の数学
概 要  今日、科学技術の進歩を支える技術の一つとして、コンピュータによる数値的な解析、シミュレーションがある。本講習では、高校までの数学と関連付け、それらの計算の基礎となる数学的背景を講義する。また、歴史的な流れについても触れる。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 総合情報学部 情報科学科 榊原道夫
専門分野 数値解析学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル “デタラメ”と数学
概 要  デタラメ」という言葉は一般的には「いいかげん」という言葉と同義に使われたりするように、曖昧な意味合いを持っているように思われています。しかしながら、数学では「デタラメ」(確率)を測度という抽象的な概念を使って定義します。この授業では「デタラメ」という概念を、実験を利用して再考してもらい、さらに一般的には「デタラメ」とはかけ離れていると思われるような、数学の問題にも適用できることを説明します。
 ゆとり教育」の見直しに伴い、中学校でも「確率」の考え方が導入されていますが、「デタラメ」(確率)の問題をこの講習を契機に見直していただきたいと思います。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 応用数学科 高嶋恵三
専門分野 確率論
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル GRAPES」で見る幾何学
概 要  フリーソフトウェア「GRAPES」を使えば、パソコンでいろいろな曲線を表示することができます。単に曲線を描くだけでなく、さまざまな機能を使うことで分かりやすい講義をすることもできます。
 まず「GRAPES」の基本的な使い方を解説してから、いろいろな曲線を描いて便利な機能の一部を紹介します。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 応用数学科 井上雅照
専門分野 幾何学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル 統計解析について
概 要  中学1年のヒストグラム・中学3年の標本調査・高校1年生の箱ひげ図・散布図などを対象に、それらの意味からつくり方までを復習した上で、パソコンを使ったデータの作成方法、実際のデータを使った実習などを、コンピュータを用いた方法を含めながら、講習を行う。使うソフトはフリーで手に入るものとMS-Officeを予定している。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 総合情報学部 情報科学科 柳 貴久男
専門分野 計算機統計学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル GeoGebra で見る中学、高校の数学
概 要  フリーソフト GeoGebra を用いて中学、高校の授業で出てくる図形や関数をパソコン上に表示する。
 パソコン上で見ると、教科書とは違い動きのある図形を表示することが可能で、直感的に関数などを理解することができる。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 応用数学科 森 義之
専門分野 表現論
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
区 分 選択領域(数学)
名 称 教師のための数学
講習タイトル 数学的活動を中心にしたアクティブラーニングの授業づくり
概 要  変動の時代を主体的に生きるため、新しい算数・数学教育では学びの量とともに学びの質や深まりを重要とし、「深い学び」「対話的な学び」「主体的な学び」が提言されている。特に、算数・数学科では、キーコンピーベースの「深い学び」の在り方が喫緊の課題となっている。
 そこで、本講座では数学的活動をコアにして外的な活動(external-math Activity)から内的な数学的活動(internal−math Activity)へと数学的に深くアプローチする方策を解説する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 教育学部 初等教育学科 K崎東洋郎
専門分野 算数・数学教育
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科 ▼選択領域(技術・工業屋久島
 
 教師のための先端科学技術体験
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル ロボット工学の基礎とロボット技術の最新動向
概 要  講習内容は次の通りである。
  1. ロボットの分類化
  2. ロボットの歴史
  3. ロボットの応用
  4. ロボットの知能化
  5. 中高校で設計・作製可能な車輪型ロボットの構成(ハード・ソフト)
  6. 質疑応答
 講習関連の資料を配付します。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 電気電子システム学科 クルモフ・バレリー
専門分野 システム工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル レスキューロボットの現状と課題
概 要  2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所の苛烈事故において,津波によって破壊された港の海底調査や原発の映像取得や縦や内部調査にいくつかのロボットの活躍をみることができた.しかしながら,その内容は大衆から期待されたものとは言いがたい結果であったと考えられる.
 そこで本講習では,阪神淡路大震災をきっかけとして研究開発が進められてきたレスキューロボットについてその現状と課題について概説する.また,我々が開発している柔軟全周囲クローラの実演も行う.
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 機械システム工学科 衣笠哲也
専門分野 ロボット工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル 介護・福祉ロボットの現状と課題
概 要  我が国が2年後に迎えようとしている超高齢社会においては、老人医療費の増加や介護者不足などの様々な問題が深刻化するものと予想される。このような問題に対して高齢者や障がい者のQOLをできるだけ高い水準に維持しながら、健康で自立した生活をおくれる社会環境と自立を支援する福祉機器の開発すなわち工学技術を積極的に活用することが重要であると考えられる。
 そこで本講習では、介護・福祉ロボットの概念や歴史および今後の介護・福祉ロボットの課題について概説する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 知能機械工学科 藤本真作
専門分野 ロボット工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル 医療機器の種類とその概要
概 要  医療現場で使用される様々な医用機器について、医療材料の特性、機器の動作原理、機器を実現するための工学的な技術について解説する。このうち、X線CTや超音波診断装置など各種画像診断装置の原理と特徴、ならびに、健康管理など広範囲な領域で活用される心電図や脳波計などの生体計測装置について、生体から得ることができる各種の生体情報の種類とその測定原理について詳しく講義する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 生体医工学科 木原朝彦
専門分野 画像診断装置
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル 集積回路(IC)設計実習
概 要  集積回路(IC)の概要について講義した後、デジタル集積回路の設計実習を行う。講義では、集積回路の種類、デジタル集積回路の原理、集積回路の設計手順などについて解説する。設計実習では、パソコン上の設計ソフトとハードウェア記述言語(Verilog)を使用して簡単な回路(カウンタなど)を設計し、FPGAと呼ばれる集積回路部品を搭載した実験基板で動作させる。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 情報工学科 小畑正貴、 尾崎 亮
専門分野 コンピュータ工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル パワーエレクトロニクスの基礎と省エネ家電・電気自動車への応用
概 要  近年、パワーエレクトロニクスは、新エネルギーを中心とする従来捨てられていたエネルギーの回収やエネルギーの損失を最小限にする省エネルギー技術を支えている。
 講習では、半導体スイッチング素子を用いて電気エネルギーを用途に応じて様々な形に効率よく変換するコンバータ・インバータ回路・制御法および応用製品である省エネルギー家電および電気自動車について取り扱う。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 電気電子システム学科 笠 展幸
専門分野 パワーエレクトロニクス
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル カー・ロボティックスの現状と課題
概 要  最近の自動車には、100個以上のセンサとアクチュエータがついており、ECUも50個以上ついていると言われている。また、センサとアクチュエータと知能を統合する技術はロボット技術と呼ばれる。すなわち、カー・ロボティクスとは、自動車工学とロボット技術(ロボット工学)を融合させることにより、自動車の「走る・曲がる・止まる」という基本性能をより安全に実現させようとする新たな技術分野である。
 本講習では、カー・ロボティクスの基本概念、研究の現状と課題について概説する。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 知能機械工学科 松下尚史
専門分野 制御工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル 流動・伝熱・拡散現象の可視化
概 要  コンビナートにあるような大型の化学工業装置内に限らず,実験装置,室内環境,自然環境など,身の回りには,速い・遅い,熱い・冷たい,濃い・薄いという不均一をともなう現象がたくさんあります.しかしながら,こうした現象については,その細部を目で見ることが難しいという面もあります.
 本講習では,実験結果や計算結果を交えながら,流動・伝熱・拡散が関わっている研究例を取り上げ,現象の可視化方法を含めて講述します.
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 平野博之
専門分野 化学工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
区 分 選択領域(技術・工業)
名 称 教師のための先端科学技術体験
講習タイトル 建築材料実験
概 要  建築材料のうち、木材を対象として、住宅の軸組など、構造材料として使用する場合に重要となる、強度・剛性等の力学的な性質を調べる実験を行う。木構造で使用される樹種は、主に、松、杉、檜の3つであるが、それぞれに材料性状に違いがあり、それに応じて、建物各部位に適材適所に配置される。また、同じ樹種でも、採取位置、細胞の配列方向、乾燥状態などによる差もあり、これらに留意して、設計や施工が行われる。本講習では、これらの木材の材料としての性質を講述し、力学的な性状を確認するための種々の実験を行う。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 工学部 建築学科 小林正実
専門分野 建築構造工学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学 ▼選択領域(屋久島
 
 屋久島の自然観察実習
 
区 分 選択領域(屋久島野外実習)
名 称 屋久島の自然観察実習
概 要  本実習は「屋久島の自然」の成り立ち(自然史)と仕組み(生態)を体験的に学ぶことを主な目的にしています。そのために,屋久島の自然を熟知したベテランガイドが現地講師となってフィールドを案内します。
 また,フィールド系大学教員が同行し,まとめとディスカッションを指導します。野外実習は,車で目的地近くに移動した後,1〜2時間ほど歩きながら自然観察します。少雨でも実施しますので,軽登山靴と雨具(上下に分かれたもの),小ザックは必携です。
 なお,西村直樹研究室「屋久島の部屋」も併せてご参照ください。
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 屋久島の自然―気象,地質,植生
概 要  屋久島の自然の成り立ちを,パワーポイントにまとめた資料を用いて解説します。
講 師 所属・氏名 屋久島野外活動総合センター 小原比呂志
専門分野 屋久島の自然全般
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 地形と地質,水質
概 要  田代海岸の枕状溶岩,千尋の滝の花崗岩1枚岩,湯泊海岸の褶曲などを観察します。なお,観察地は変更する場合があります。
講 師 所属・氏名 屋久島野外活動総合センター 松本 毅,小原比呂志
専門分野 屋久島の自然全般
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 顕微鏡等機器使用法
概 要  携帯用双眼顕微鏡,電気導電率計など野外調査でよく使用する機器の使用法を解説します。
講 師 所属・氏名 岡山理科大学 理学部 基礎理学科 山口一裕
専門分野 地質学
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 亜熱帯植生
概 要  中間針葉樹林の森に到達する前に,低海抜域の亜熱帯性植生から暖温帯,冷温帯の植生へと海抜高度が上がるにつれて変化する植生を観察します。
講 師 所属・氏名 屋久島野外活動総合センター 小原比呂志,松本 毅
専門分野 屋久島の自然全般
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 中間針葉樹林
概 要  ヤクスギランド,または白谷雲水峡において,屋久杉の森を観察します。場所や所要時間は,天候によりますが,2〜3時間,森林の中の,整備された歩道を歩きます。
講 師 所属・氏名 屋久島野外活動総合センター 小原比呂志,松本 毅
専門分野 屋久島の自然全般
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業
 
講習タイトル 照葉樹林と動物
概 要  宿舎より西回りで宮之浦に向います。途中,大川の滝,西部林道,永田浜などに立ち寄り,照葉樹林やシカ・サルの群れなどを観察します。
講 師 所属・氏名 屋久島野外活動総合センター 小原比呂志,市川 聡
専門分野 屋久島の自然全般
もとのページページ先頭必修領域選択必修領域|選択領域(理科数学技術・工業